ビジネスフォンに求められるものは、日々の業務をサポートするための機能や性能と、コストパフォーマンスの高さです。現在オフィス環境でもデータ通信の高速化が進んでいて、対応するビジネスフォンで新しい社内システムを構成すると、かなりのコストが必要になります。
低コストでのシステム構築を考えるなら、中古のビジネスフォンCisco IP Phone 8800 シリーズがおすすめです。ここではその中から3機種を選んで紹介します。ぜひオフィスに最適な機種を選んでみてください。

■紹介する製品一覧

製品名カテゴリ訴求ポイント
Cisco IP Phone 8800 シリーズコラボレーションディスプレイ付きIPフォンが低コストで導入可能

中古IP電話であればディスプレイ付きでも低コストで導入可能

毎日の業務には得意先、または社内での電話のやり取りが欠かせません。オフィスでは1人1台のビジネスフォンが当たり前ですから、ある程度の規模でオフィス環境をシステム化するには、かなりのコストを見込まなければなりません。

ではコスト圧縮を図るとなると、どこから始めれば良いのでしょうか?
まずは、IP電話にすることで複数回線の契約が不用になるため、回線利用料は大幅にコストカットできます。
ただし機材としてのビジネスフォンは、複数の台数を同時に揃える必要があるので、コスト削減が難しいといえるでしょう。

また、仕事の効率化の面からすると、ビジネスフォンには大型カラーディスプレイが付いていた方がずっと便利です。
特に電話でのやり取りが多い業務ではなおさら重要です。
ただし、カラーディスプレイ付きになると、コスト負担は一層大きくなります。

そこで検討をおすすめしたいのが、中古IPフォンの導入です。IPフォンは音質が悪いというイメージがありますが、それは一世代前までの話です。現在はデータ通信の進歩により、IPフォンでも充分な高音質での通話ができるようになりました。

さらに、中古IPフォン最大の魅力はコストの低さですから、導入コストを抑えながら新しい社内システムを構築するには最適な選択肢といえます。

Cisco IP Phone 8800 シリーズの特徴

CP-8841-K9

Cisco IP Phone 8800 シリーズは、高度なVolP通信を求める小規模企業から大規模企業まで活用することができます。
5インチの高解像度(800×480)ディスプレイ搭載の、人間工学に基づいたデザインと、ワイドバンドオーディオを組み合わせることで高い操作性を実現しています。

性能面では極めてクリアな音声通信が可能で、同時に高いセキュリティと常時稼働の信頼性も備えています。また、拡張オプションが豊富に準備されており、業務の展開や発展に合わせて必要な機能を簡単に追加することができます。

CP-8811-K9とCP-8841-Kはほぼ同一の仕様で、外形寸法は高さ229.1mm×幅257.34mm×奥行き40mm、重さはハンドセットを含めて1.17kgと非常にコンパクトな設計です。
CP-8845-K9だけは、高さ228.78mm×幅257.34mm×奥行き98.39mm、重さはハンドセットを含めて1.35kgと少しだけサイズが違います。
ディスプレイは5インチで、CP-8811-K9だけがモノクロですが、他の2機種はWVGAカラーを採用しています。

回線キー数は5つで、ギガビットイーサネットが2ポート。ギガビットイーサネット、802.11 Wi-Fi、802.3af/at Power over Ethernetにより、設置コストとインフラコストを削減することも可能です。

■製品情報まとめ

  1. 幅広いユーザーに対してデスクトップでの生産性向上に効果あり
  2. 5インチの高解像度ディスプレイ搭載
  3. 極めてクリアな音声通信が可能
  4. 高いセキュリティと常時稼働の信頼性

製品紹介:CP-8811-K9

今回紹介するCisco IP Phone 8800シリーズの中で、最もコストパフォーマンスに優れているのが、このCP-8811-K9です。
5つのプログラム可能なラインキーがあり、複数のディレクトリ番号やコール機能を、使いやすいように自由に設定することができます。

1回線あたり複数のコールに対応できるため、各ディレクトリ番号に対して同時にコール処理が可能で、業務の効率が大幅にアップします。また保留・再開や転送など頻繁に使用するコール機能には、固定機能キーを設定すればワンタッチでアクセスできます。

ディスプレイは5インチのモノクロタイプですが、800×480という高解像なので操作性は充分ハイレベルです。ハンドセットは標準ワイドバンド対応型で、全二重方式のスピーカーフォンを搭載。アナログヘッドセットの接続用に、標準ワイドバンド対応RJ-9オーディオポートも装備しています。

回線キー数は5回線で、PoEはIEEE Power over Ethernet クラス2、IEEE 802.3afとIEEE 802.3atに対応しています。Ciscoイーサネットスイッチにより、IPフォンとパソコンを単一のLAN接続で、イーサネットネットワークに直接接続できます。

カラーはオフィスに合わせて、ホワイトとチャコールグレーの2色から選べます。またCisco EnergyWise™ テクノロジーを採用しており、省電力でさらにコスト削減に貢献するでしょう。

■CP-8811-K9 製品情報まとめ

  1. コストパフォーマンスに優れたIPフォン
  2. ディレクトリ番号やコール機能を、使いやすいように自由に設定可能
  3. IEEE 802.3afとIEEE 802.3atに対応
  4. Cisco EnergyWise™ テクノロジー採用で省電力化を達成

製品紹介:CP-8841-K9

CP-8841-K9はCP-8811-K9の上位機種ということで、基本的な仕様はほとんど変わりません。その機能と操作性の高さから、経営幹部・管理職・共有ワークスペースでの使用に最適ですが、もちろん一般オフィスの事務用としてもおすすめです。

また、Cisco Spark Phone OSの採用により、シスコ オンプレミス、クラウド、ハイブリッド構成のいずれの導入オプションにも柔軟な対応が可能です。
操作性の高さも大きなポイントの1つで、5つのプログラム可能なラインキーにより、複数のディレクトリ番号やコール機能を自在に設定することができます。

1回線あたり複数のコールに対応できることや、各ディレクトリ番号に対して同時にコール処理が可能なこと、固定機能キーを設定すればワンタッチでアクセスが可能になることなど、業務効率のアップをサポートします。

CP-8841-K9では、5インチの高解像度(800×480)ワイドスクリーンで、VGAバックライト付きのカラーディスプレイを採用。これにより視認性や操作性が大幅に向上しています。
ハンドセット、スピーカーフォン、アナログヘッドセットもオーディオ特性に優れた、高品質なタイプを搭載しています。

カラーはホワイトとチャコールグレーの2色。またCisco EnergyWise™ テクノロジーの採用により、省電力化と一層のコスト削減が可能になるでしょう。

■CP-8841-K9 製品情報まとめ

  1. 経営幹部・管理職・共有ワークスペースでの使用に最適
  2. Cisco Spark Phone OSの採用により各種導入オプションに対応
  3. 業務効率アップをサポートする機能が満載
  4. VGAバックライト付きのカラーディスプレイを採用

CP-8841-K9の中古販売ページはこちら
CP-8841-K9のレンタルはこちら

製品紹介:CP-8845-K9

CP-8845-K9最大の特長は、5インチの高解像度(800×480)24ビットカラーWVGAディスプレイの搭載により、720pの高解像度ビデオ通信が可能なことです。ワイドバンドオーディオと組み合わせることで、明瞭なビデオ通信と音声通信が同時に行えます。
データは暗号化されて送られるため、セキュリティ面でも安心です。

プログラム可能なラインキーや、設定自由な固定機能キーなど、基本的な仕様は他の2機種と共通していますが、Cisco Intelligent Proximityにより、スマートフォンなどでの通話をIPフォンに連結することができます。
例えばスマートフォンでの通話をIPフォンを通して、職場内の別なIPフォンと共有するなど、業務の大幅な効率化も可能になります。

ただし本機種はBluetooth 4.1 LEにも対応しています。
カラーはホワイトとチャコールグレーの2色。他にもハード・ソフト共に豊富なオプションが準備されています。

■CP-8845-K9 製品情報まとめ

  1. 720pの高解像度ビデオ通信が可能
  2. スマートフォンなどの通話をIPフォンに連結可能
  3. イーサネットネットワークに直接接続可能
  4. Bluetooth 4.1 LEにも対応

CP-8845-K9の中古販売ページはこちら
CP-8845-K9のレンタルはこちら

中古製品をおすすめする見出し・内容

オフィス内のビジネスフォンを再構築するなら、高性能でコストパフォーマンスに優れたCisco IP Phone 8800シリーズがおすすめです。
さらに中古のIPフォンを有効活用すれば、低コストで快適なオフィス環境が実現可能です。

ここがポイント

  • 5インチの高解像度ディスプレイと、人間工学に基づいたデザインによる高い操作性
  • ワイドバンドのオーディオによりクリアで信頼性の高い音声通信が可能
  • プログラム可能なラインキーや、設定自由な固定機能キーでさらに操作性アップ
  • PoEはIEEE 802.3afとIEEE 802.3atに対応

3つの製品は基本的に同一の仕様ですが、コストや機能面を考慮して、オフィスに最適なタイプを選んでください。
中古でも信頼性の高いIPフォンを購入するなら、販売から保守まで安心のアイティープロダクトがおすすめです。